健康管理は飼い主の役割|可愛いティーカッププードルの飼育方法を学ぼう!

可愛いティーカッププードルの飼育方法を学ぼう!

犬

健康管理は飼い主の役割

獣医

散歩や食事をチェック

犬の病気の兆候は、ほんの些細なところにあらわれます。健康な犬は、散歩を好み食欲も旺盛です。従って、いつもとは異なる変化が見られたら病気を疑う必要が出てきます。食欲不振があるときは、内科的な異常が考えられます。感染症や内臓の病気などが想定されるため、獣医師の診察を受けるのが最善の策です。散歩を嫌がるときには、身体的なトラブルの可能性が浮上してきます。関節疾患や傷などがないかを確認することが第一です。また、心臓などの循環器に病気がある場合も、犬は散歩を嫌がります。息切れや咳を伴うときは、精密検査が出来る動物病院を探します。個人経営の動物病院では、画像検査の設備も限られています。正確な診断を得るためには、規模の大きい動物病院をあたるのが現実的な方法です。

ドッグ検査で早期発見

ドッグ検査を始めとする健康診断は、昨今ペットにとっても大切な健康管理法の一つ環です。動物病院によっては、犬を飼い始めると同時に定期的な健康診断を勧めるところもあります。犬も年齢に応じて病気のリスクが高まりますので、健康診断は高齢犬になるほどメリットが見込める対策です。加齢によって異常が出やすいのが、目や耳、皮膚です。眼球が混濁してきたり、耳垂れがあると、治療が必要となります。肛門付近やお腹部分は特に注意して見ておきたい部分です。ドッグ検査を受けることで、細かいところまで状態の観察が出来ます。エコーや便、尿の検査が受けられるのも、ドッグ検査の良さです。人間同様に、異常があらわれやすい部分を集中的に調べられます。