ペットへの最後の儀式|可愛いティーカッププードルの飼育方法を学ぼう!

可愛いティーカッププードルの飼育方法を学ぼう!

犬

ペットへの最後の儀式

墓

供養の流れ

ペットを飼う人の増加から、ペットの死後に対するペット供養がますます求められるようになってきました。ペット供養は、人と同じように火葬をして、納骨をしたり墓石を建ててあげるなどの供養を言います。大阪にもペット供養を行う葬儀社や火葬場があり、石材店にもペット専用のお墓を扱うところもあります。大阪は特に人口が多くペットの存在も目立つため、ペット供養を希望する人は後を絶ちません。飼い主の希望に沿って十分な対応が行われるので、安心して依頼していくことができます。大阪にあるペット供養を行う業者では、葬儀であれば簡素なお経や焼香が行われ、火葬場にてペット専用の高炉で焼却されていきます。火葬代はペットの大きさに合わせて異なるところがあり、火葬にかかる時間も大きさによって左右されます。遺骨となったら、納骨堂での安置やそのまま自宅へ持って帰る方法もできます。大阪をはじめとする各地にはペット霊園も存在するため、そこで墓石を建てて埋葬していく方法もあります。ペットに対する思いやその数の多さから、ペット供養は今後はさらなる拡大が予想されています。

いろいろな供養

ペットが亡くなった場合、敷地内の土に埋葬していく手段もありますが、最近は賃貸やマンションも多いために火葬を行う人が増えています。葬儀をせずに火葬場まで運ぶこともでき、その後の納骨や墓石の手段も自由に選べます。自宅の庭や思い出の場所に散骨することもでき、そのまま自宅で保管する方法も特に問題はありません。自宅にてお参りができやすいようにペット専用の仏壇も販売されてあるので、いつでも亡くなったペットに手が合わせられます。ペット供養はこの他にも、遺骨の一部を加工してアクセサリーにしていくサービスもあり、肌身離さずペットの一部が身につけられます。ペットの写真をもとにそっくりなぬいぐるみや絵画の制作も行われています。供養とはその存在を忘れないための思いも含まれるので、必ずしも決まった形でしなければならないわけではありません。